ごあいさつ

ごあいさつ
代表取締役会長 今井光郎 代表取締役社長 宮脇宣綱

ステークホルダーの皆様には格別のご支援を賜り、心より厚く御礼申し上げます。

平成31年3月期上半期(平成30年4月~平成30年9月)におけるわが国経済は、企業収益は引き続き堅調を持続しており、今夏の記録的な猛暑や豪雨・台風被害等といった下振れ要因はあったものの、個人消費や設備投資は持ち直し、景気は緩やかな回復基調を継続しております。一方で、米国の保護貿易政策を発端とした米中貿易戦争の激化や原油高の影響が出始めており、景気の先行きは不透明な状況となっております。

不動産業界におきましては、金融緩和による資金調達環境を背景に良質な分譲用地の取得競争の激化とそれに伴う地価の上昇や人手不足を背景とした建築コストの高止まり等により、新築分譲マンションを中心に分譲事業は厳しい事業環境となりました。

このような状況下におきまして、当社グループの当上半期の業績は、売上高・各段階利益ともに、前上半期に比べ増加いたしました。

当社は本年1月に創業45周年を迎えることができました。これもひとえに株主様をはじめとするステークホルダーの皆様のご支援あっての賜物であります。

今後ともご支援いただく皆様へお応えできるよう、「フジ住宅」の社名の通り富士山のように日本一愛される会社を目指して全社一丸となって取り組んで参ります。

これからも50年、100年とより愛される会社へと成長するため、役職員共々精進して参りますので、引き続きご支援・ご協力賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

平成30年11月吉日
代表取締役社長 宮脇宣綱